​全世界の立位テニス関係者の皆さまへ

JASTAでは、TAP JAPAN OPEN 2022の大会中で各国から集まった関係者とカンファレンスを持ち、これまでの立位テニスの成り立ちを整理し、今後について意見交換したいと考えておりました。残念ながら、大会が中止となり、カンファレンスの機会は繰り越しになりましたが、準備していた資料をこちらで公開いたします。

この中に書かれている情報は、経緯についてはJASTAの代表理事の柴谷健が知る限りの事実を記載しています。それ以外については、決定事項ではありません。世界中の立位テニス関係者の皆さまと、この競技の将来の形についてお話しできる機会を楽しみに待っています。

​おなじ内容のものを5ヶ国語で用意しました。下記よりダウンロードが可能です。(pdf)