1/15
WELCOME TO JASTA

身体障がい者が車いすを使用せず、立って行う競技性の高いテニスの普及、研究、強化を目的とした協会です。立位テニスは世界大会も開催される今注目のパラスポーツです。

現在は、関東、関西で練習会を開催、2019年には日本初の全日本選手権大会を主催、2020年には日本で世界大会も開催されます。

手や足に障がいをお持ちで、立ってテニスをしたい方。初心者でも経験者でも、見学だけでも構いません。ぜひ私たちの仲間になってください。

第1回全日本障がい者立位テニス選手権大会について
終了しました
JASTA CLUB 会員募集中
​子供用ラケットご寄付お願いします
​ADAPTIVEってなに?
2019年5月19日(日)おかげさまで、大盛況のうちに大会が終了しました。後日、詳細を掲載いたしますので、少々お待ちください。
JCOM千葉局エリアにお住まいの方、5月21日(火)17:00より「デイリーニュース」で、大会のニュースが放送されます。視聴可能なエリアの方、是非ご覧ください。

また、エリア外の方はスマートフォンアプリの「ど・ろーかる」で、放送1時間後から視聴可能です。

JASTA CLUBでは、競技対象者用にPLAYERS、サポーター用にPARTNERS としてこの競技を
いっしょに育ててくださる方を募集しています。 
詳しい説明、ご入会案内、お申込書はこちらから
JASTAでは、ジュニア向けの体験会を開催したいと考えています。皆様のお宅で使わなくなったジュニア用ラケットがございましたら、ぜひご寄付お願いします。
まずは ご連絡ください。あと5本募集。info@jastatennis.com
日本語に置き換えると「障がい」です。直訳すると「適応性がある」ですが、ここでは「それぞれの身体状況に適応している」という意味で近年障がい者を示す単語として世界的に使われています。そこで私たちは、協会名の英語表記に「ADAPTIVE」を採用しました。これまで、障がい者を表す単語として、「Handicappedーハンディキャップド」や「Disabledーディスエイブルド」が使われてきましたが、どちらも否定的な意味の単語で差別用語にあたるとして、もはや英語圏では死語になっています。日本語でも「障害者→障がい者」と表記する傾向にありますが、そもそも差し障りや害がある人ではないので、もっと前向きな別な呼び名ができると良いですね。
UPCOMING EVENTS
14 DEC
15 DEC

JASTA 関東練習会

東京海上日動多摩総合グラウンド

ハードコート

​12:00〜16:00

​※雨天の場合は、中止

28 DEC

JASTA 関西練習会

ブルボンビーンズドームサブコート

屋外ハードコート

12:00〜16:00

​※雨天の場合は、中止

21 DEC

 

JASTA 関東練習会

東京都障がい者総合スポーツセンター

屋外ハードコート

13:00〜16:30

​※雨天の場合は、中止

JASTA 関西練習会

大阪府深北緑地 No,5

クレーコート

​12:00〜16:00

 NEW
CONTACT US

140-0014

東京都品川区大井4-26-4

担当:柴谷玲子(しばたに れいこ)

090-3918-5148

FOLLOW US
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
New article 新着情報

2019年12月5日

明日から始まるTAP USA OPEN 2019に出場するため、JASTAの6名の日本人選手が会場となるテキサス州ヒューストン入りしました。大会は、12月6日〜8日の三日間おこなわれます。全試合、3セットマッチです。皆さま、応援よろしくお願いします。

2019年11月30日

二松学舎柏中学校・高等学校 父母の会 研修委員会の講演に外部講師としてお招き頂きました。

保護者の方と生徒さんに立位テニスについて、障がいについてのお話と義足体験をして頂きました。

 

2019年8月1日

​日本で初めて、この競技の国内ランキングを発表しました。JASTA PLAYERS CLUBの会員がJASTAが公認する国内外の大会に出場した場合、戦績に応じて規定のJASTAポイントを付与し、カテゴリー毎のランキングに反映します。

9月11日、更新の最新ランキングはこちらから

© 2019 by JASTA Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • ホワイトInstagramのアイコン